東京のクリニックで二重整形をして人生が明るくなった

どうして私だけ一重なんだろう

「他の姉妹は二重なのに、どうして私だけ一重なんだろう…」と、小さい頃からずっと思っていました。
母に相談をしても、目そのものが大きいからいいじゃないの、二重まぶたにこだわる必要はないと言われてきました。
しかし、10代の後半に東京に出たとき、私の周りにいる女性の美しさやレベルの高さに驚き、私も変わりたいと思いました。
不思議なのですが、いくらファッションセンスを磨いても、ブランド品のバッグや財布に変えても、何となく自分のテンションが上がらないのです。
私はやはり一重まぶたに強いコンプレックスを感じていることを改めて感じ、思い切って東京のとある美容クリニックに相談することにしました。
もちろん親にも話し、そこまで言うならと母に付き添ってもらって二重整形を受けることになりました。
クリニックの先生は、まだ完全な大人とは言えない年頃の私に対し、簡単な言葉で丁寧に説明をしてくださいました。
簡単にできる埋没法というプチ整形もあり、これなら気に入らない場合はやり直せる場合もある、そして普段使っているアイテープのような仕上がりにすることができるといったお話や、ダウンタイムの時間があるなら半永久的に二重まぶたをキープすることができる切開法もあるといった内容です。

二重手術はデザインが命です。
どんなに素晴らしい手術でも、患者さんの希望するデザインでなければ、その手術は失敗です。


従って、二重手術で最も重要なのはマーキングです。


私がどの様にマーキングしいるか、動画をご覧下さい。
https://t.co/0YzLw5CK01

— 二重整形・埋没法・切開法👁️東京中央美容外科仙台院 院長💎 安本匠💎質問箱・DM全て返信📪 (@TCB_Yasumoto) January 9, 2021

どうして私だけ一重なんだろう理想とする二重まぶたのデザイン苦労したのは術後